基礎知識

知らないとこまるハンドメイド用語教室⑥「地の目線」とは?

「地の目」ってなに?

型紙を見ると、よく出てくる「地の目」。

中には「地の目」と書いておらず、矢印の記号で記されているものもあります。

この「地の目」って一体何なのでしょう?

これは、裁断をするときの生地の方向を指しているのです!

織物である布帛(ふはく)生地をよ~く見ると、糸が直角に交差して織られていることがわかります。

そのそれぞれを「たて糸」「よこ糸」と呼ぶのですが、

生地の耳(端のほつれない部分)に平行な糸が「たて糸」垂直な糸が「よこ糸」になります。

この「たて糸」の向きを表しているのが、「地の目線」なのです!

「地の目線」ってどう使うの?

では、型紙に記してある「地の目線」はどうやって使えば良いのでしょうか?

生地に型紙を置いて裁断する際に、下のように置きます。

 

つまり、生地のみみ(たて糸の向き)と型紙の地の目線が平行になるように置けばいいのですね♪

難しいようですが、一度覚えてしまえば、とっても簡単♪

とっても重要な用語なので、忘れてしまいそうなときは、またこちらのページを読み返してみて下さいね!

【ソーイング・ママ】

ママのハンドメイドで家族との思い出を彩る

-基礎知識

Copyright© ソーイングママ , 2020 All Rights Reserved.