子供服の型紙ショップ

ヘンリーネックTの作り方(仕様書・レシピ)

 

 

用意するもの

生地

ニット生地

Tシャツ地程度のニット生地(スムース・ワッフル・天竺・ミニ裏毛など)

前立て脇切替布には、布帛(ローン・ブロードなど薄手がおすすめ)が使えます

リブ(えり・袖口)

スパンフライス

ボタン

プラスナップ 3組

または

11~13mm程度 3個

接着芯

薄手のもの 30~40㎝

お洋服には柔らかいニットタイプがおすすめです。

私はこちら↓を使っています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【メール便対応】クロバー 接着芯・ソフト 白
価格:900円(税込、送料別) (2021/3/23時点)

楽天で購入

できあがり寸法

サイズ(cm) 80 90 100 110 120 130 140 150
総丈(NP~) 34 37.5 40 43.5 46.5 50 52.5 56
裄丈(長袖) 34.5 39 44.5 49.5 53.5 57.5 63.5 68
 〃(七分袖) 30 33.5 37 42 46 50 56 60.5
 〃 (半袖) 25 26.5 27 28 29 30 31 32.5
身幅 44.5 46.5 47.5 49.5 50.5 52.5 55.5 59.5

※ソーイングママの型紙は、独自のサイズ基準をもとに作成しております。

サイズガイドを合わせてご覧いただき、サイズ選びの参考にして下さい。

生地用尺

用尺(m) 80 90 100 110 120 130 140 150
長袖 0.7 0.8 0.8 0.9 1 1.1 1.2 1.3
七分袖 0.6 0.7 0.7 0.8 0.9 1 1.1 1.2
半袖 0.6 0.6 0.7 0.7 0.7 0.8 0.9 1
リブ(衿+袖) 0.2 0.2 0.2 0.2 0.2 0.2 0.2 0.2

※生地用尺は160㎝巾、リブは80㎝巾

作り方

1.作りたいバリエーションを選び、生地を裁断する

袖のバリエーション

  • 長袖
  • 半袖
  • 七分袖

各パーツの裁断枚数は、型紙に記載しています

2.前後身頃・脇布の裾を端処理(ロック)する

3.前立てに接着芯を貼り、裾と前立てをアイロンで折る

 

4.前身頃に前立てをつける

①前身頃の表側の前立て位置に前立てを合わせ、出来上がり位置まで縫う

 

②前立て付け位置の身頃の角に切り込みを入れる(身頃のみ

③前立てを返し、アイロンで形を整える

④前立ての底を縫う

※前立ての重なりをしっかり合わせる

⑤前立てまわりにロック(ジグザグミシン)をかける

5.ヨークと前後身頃を縫い合わせる

①ヨークと後身頃を中表に合わせて縫う(縫い代は下側へ倒す)

②ヨークと前身頃を中表に合わせて縫う(縫い代は後ろ側へ倒す)

6.えりを縫う

①リブを中表に半分に折り、えり先を縫う。

②えり先の縫い代を半分にカットする。

③表に返して、アイロンで形を整える

④身頃の表側にえりを合わせて、えりを伸ばしながら縫い合わせる

⑤えりを上へ返し、アイロンで形を整える

⑥えりぐりに5㎜巾のステッチをかける

7.袖と身頃を中表に合わせて縫う

縫い代を袖側に片倒しする

8.前後身頃と脇切替を中表に合わせて縫う

縫い代は脇側へ倒す

9.袖口にリブを付ける

10.裾を縫う

11.前立てにボタンを付ける

スナップボタンがおすすめ!

ボタン型のものもありますよ♪

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

『プラスナップ』 ボタン型トップ 11.5mmサイズ 【6色展開】【10組入り】
価格:354円(税込、送料別) (2022/5/23時点)

楽天で購入

プラスナップの取り付けには、卓上プレスが圧倒的に使いやすい!

失敗もしにくいです♪

ボタン・ボタンホールでもOK!

できあがり!

 


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 子供服の型紙・パターンならソーイングママ , 2022 All Rights Reserved.